TOP

私がやっている風俗の仕事は高収入な分かなりきついですが、お金を貯めるという目標があったのでうまくいっています。

高知県高知市の出稼ぎ専門のデリヘル風俗店の求人に応募したいけど不安でいっぱい

大学を卒業して介護職につくも、激務と低賃金に嫌気が差して2年で退職した25歳女性です。なかなか現実は上手くいかず、大学卒業したら定職に就いて結婚するまで働き続けるんだろうなと思っていましたが、なかなかそう上手いこといきませんでした。私は介護職を2年間勤めていましたが激務の影響で友人や彼氏とは予定が合わず、公休日は一人で過ごすことも多く非常に寂しい時期を過ごしていました。退職に思いきったきっかけは大学時の友人と会った時です。やはり自分の勤めている仕事の愚痴から始まり、その派生で給与面の話になるのですが、どう考えても私の給与が低くてやってられなくなりました。丁度その時期に私の会社の査定が始まる時期だったのでここで少しでも上がっていれば良いかな、と思っていたのですがそうでもなかったです。現実は残酷です。私は査定に納得がいかず、丁度2年という節目でしたので退職を希望し今に至るのですが、思いつきで退職をしたので次の仕事は決まっておらず先が見えない状態で不安だけが募ります。でも、仕事をしなくてもある程度は生活が出来るお金は貯金できていたのでそれほど切羽詰まっている状態ではないですが、次に働く仕事は決めないとと思い、求人サイトを見る日々が続きました。私が現在住んでいるのは東北地方の片田舎で「良いな」と思う求人は全部都内で引っ越しを余儀なくされる状態でそれはどうしたものかな…と考えてしまいます。そんな中たまたま見かけた風俗店の求人サイトで出稼ぎで募集しているお店で私は風俗店の給与が気になり見てみることにしました。風俗店の給与は日給が約4~5万円、頑張って5日間働けば私の給与にあっという間に届きます。これはすごいと思いましたが、デリヘル風俗店ですので抵抗感はありました。風俗店ですのでどうせ怖い人が運営されていて、無理な働き方を共用されそうで求人の応募は億劫でなかなか踏み出せませんでした。そのデリヘル風俗店は四国の高知県高知市にあるようで私の現住所から相当離れており、飛行機で行く必要がありました。出稼ぎかー、と思いましたが風俗店で働いている事を知人や友人にバレたくないなかったのでいっそ、遠くの地域で風俗店で働くのもありかなと思えました。ですが、デリヘル風俗店ですのでどうしてもその不安は拭えず、なかなか応募するまで勇気が湧きませんでした。高知県の出稼ぎ専門のデリヘル風俗店で働きたいけどどうすれば不安は無くなるんでしょうか。


デリヘル 出稼ぎ

池袋のリフレの存在意義

人は寂しいときとか悲しい時に誰かを頼りたくなったり、話をしたいと思う時がありますが、今置かれている状況下でうまく行動ができない方がいます。そういった方たちが今現在どれだけいるのかわかりませんが、少なくはないと思います。特に昨今では結婚しない方が多くなり、独り身の方が多くなっているとニュースでも取り上げられており、街コンという市や企業が提供する出会いの場を提供するイベントも多く開催しており、結婚に対して考えさせる場を設ける動きがよく見られるようになりました。これは草食男子から来ていることで、異性に対して消極的な男性が増えている事で女性との接点が少なくなり、出会いに発展しないことが問題視されこのような街コンが開催されるまでになったと考えられます。そういった草食男子の中にも女性と接点を持ちたいと思っているがなかなか自分から行動できない方がいる中でリフレというサービスは非常に良いものではないかと私は思うのです。私はリフレを女性慣れする為の養成所と思っているからです。もちろんリフレで勤務する女の子と付き合えるわけではないのでそういった場所では無いことは承知の上で利用していただきたいですが、そもそも女性と話すのが苦手な方が多い世の中でこのリフレは非常に女性と話しやすい状況を演出してくれる画期的なサービスなのです。特にこのリフレはお話することがメインでキャバクラのような派手さはなく、お酒を飲む必要や高い利用料金を支払う必要が無いので気軽に利用できる良いサービスです。また女の子とスキンシップも楽しめるので、距離感が近くなった際にどういった行動をしたら良いのか何となく雰囲気を掴めるのではないでしょうか。そんなリフレは池袋に多く、都内にいる男性には池袋に来て利用していただきたいと思うのです。リフレの中には少しセクシーな(風俗店のようなサービスはないが)サービスも楽しめるので気分をあげるためにも使えるかもしれません。なぜ池袋にリフレが多くあるかというと理由はよくわかりませんが、憶測では池袋は世界でも指折りのビックターミナルです。乗降人数も世界屈指で多くの人が行き交うので風俗を利用したい方もリフレを利用したい方も様々だと思います。リフレという希少な業種は人通りが多い場所位で限り有る利用者を獲得していかなくてはお店としても運営が難しいのでそういった大きな街でしかやっていけないのではないでしょうか。


池袋リフレ【きゃらめるぽっぷこーん】

大人な雰囲気な横浜のメンズエステの体験レポート

前から気になっていた横浜のとあるメンズエステに行ったので、そこの体験レポートをします。横浜駅からお店のホームページに記載されている地図を頼りに歩くこと10分、目的地に到着しました。そこは5階建てのビルの中にありました。ビル外観は横浜に良くある味も素っ気もないコンクリート感抜群のものになります。お店の中に入ってみると、予想以上にオシャレな内装でした。置いてある机も椅子も海外の結構高そうなもので、小物に関しても、どれも気品を感じられるものでした。今まで見てきたメンズエステの中でもトップクラスに雰囲気が良いところですね。横浜だと、こういうのがスタンダードなんでしょうか。そんな感じで、お店の中を細かく観察していると、メンズエステをしてくれる女の子が来てくれました。お店の雰囲気とマッチした落ち着いて感じの女の子でした。スタイルはどちらかと言えばスレンダーだけど、貧乳というわけでもなく、形が良いものを持っていました。さて、早速お目当てのメンズエステに移るのかと思ったら、まずは問診から始まりました。なかなか本格的ですね。ここは正直に、肩こりと腰の調子が悪いことを伝えました。もう歳ですね。問診が終わったところで、ついにマットに移動です。マットの前と横に大きい鏡が置いてありました。これなら、バッチリ見ることができます。うつ伏せになってメンズエステのスタートです。さて、いきなりスカートに隠れていたパンツが見えました。黒でした。パンツの方を堪能したところで、マッサージの腕の方ですが、予想外にしっかりとしたものでした。このスレンダーな身体のどこからそんな力が出てくるのかというぐらい力強く、肩や腰の疲れが取れていくのを感じられ、とても気持ち良かったです。その後も脚を絡めたマッサージをぐいぐいとやって頂きました。腕のマッサージも胸とのあからさまな密着こそ無かったものの、ギリギリな感じが逆に自分のジュニアを元気にしてくれました。終わりの方では、その元気になったジュニアもきちんとマッサージしてもらえました。何度も何度も触ってくれて、最高に気持ち良かったです。そんな感じで、身体もジュニアも大変満足なメンズエステでした。やっぱり、マッサージ自体も上手いにこしたことはないですね。横浜のこの店に来ることをずっと楽しみにしていたかいがありました。


横浜 出張マッサージ

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ